05
1
2
8
12
14
16
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

夏仕様のハズが…。

週末に病院シャンプーへ行きました。

もうすぐ5月なのでね。
夏日っぽい日があるかもしれない時期なのでね。

チェルシーも夏仕様にしますよ!

お腹バリカンです (≧∇≦)
毎年2回、ジョリジョリしますよ~!

ウチに来た当時よりかは暑がりでなくなったケド…。
夏時間の散歩時にへばるのが少し軽減されるからね。

そして…。
お迎えに行って外に出た途端に座り込むチェルシー。

ん???

どした?

足おかしくした?

帰宅後、部屋の中でも同じ行動。

観察してみると、お腹が気になるみたい。

あ~~バリカンしたトコロだね!!

それにしても様子が違うので、見てみると…。
特に何もなし…( ̄▽ ̄)

チェルはデリケートになったね~♪( ´▽`)
なんて笑っていました…。

その日の夜、やはり気にしているので、再度みてみると…。
一部赤くなってる (ΦωΦ)!

気のせいではなかった…。

翌朝、見てみると…。
更に赤みが増して若干腫れてる!!

病院へ電話して、対処法を教わりました。

良かれと思ってやったのに…。
可哀想な事しちゃったね…(*/ω\*)



舐めないように、マナーベルト&介護服
『え~~コレ着るの~?』って顔してます。

なんか違う子がやってきたみたいで、笑える…(*´艸`*)
頭の大きいのが際立つ服だね…笑。
可哀想なんだけど…笑える…。
チェルシーって、そういうキャラだよね~(*´艸`*)フフフ

2~3日ガマンして下さいな…。
スポンサーサイト

歯磨き頑張るぞ!

先日も書きましたが…。
チェルシーは2月の定期検査にて、歯石を指摘されました。

シニアであり、心臓が悪いチェルシーにとっては麻酔をかけるリスクが高くなるので『最後のチャンス』と言われました。

最後のチャンスをやったとして、これから先に歯石がつかない歯を手に入れるワケではない。

手作りフードを始めた今となっては、ドライフードのみより歯石が付きやすくなっていると思う。

主治医は『今、歯石を綺麗にとって、これからケアを頑張れば良い』との事。

その通りなんだけど…。
なぜだか胸騒ぎがする自分がいるの…。
こういう第六感は意外と当たる。

理由は特にない。

あえて言うならば、推定年齢はあくまでも推定であって正確ではない。

でも…。
きっと…。
10歳は超えていると思う。

だから…。
リスクが高いから…。
後悔したくないから…。

今更だけど、歯磨きを頑張ろうと思って…。



右側のケアシートはチロルが来る時に用意したもの。
6年近く前のもの…f^_^;)
まだ、かろうじてウエットタイプを保っている…。



左側は歯磨きジェル。
ネット見て、なんとなく評判良さそうだったから…f^_^;)



1日2回やるものなんだけど…。
朝は時間がなくてね…。
1日1回で効果はでるかな~?

歯磨きジェルで慣れたら、歯ブラシにチャレンジしてみようね~♪( ´▽`)

Newおもちゃ

見慣れたオモチャばかりで反応が鈍くなったので、おNewをだしましたよ!



この間の定期検査で歯石を指摘されたので、チェルシーにはロープを…。



すぐに飽きてしまうので、5分ともたないけど…。
少しでも遊んでくれたなら新しい歯石は付きにくくなるハズ…。



私が触れば興味をもち、ひとり遊びになれば5分ともたず…f^_^;)

お付き合いできる時はお付き合いしますよ…( ̄▽ ̄)

歯石を取るのには麻酔が必須。
無麻酔で歯石を取るのは、表面だけで歯周ポケットの中は出来ないんだって!

シニアで心臓が悪いチェルシーは最後のチャンスとまで言われたけど…。

悩んだけど…。

すっごく悩んだけど…。

麻酔のリスクがコワイので、やらない選択をとります。
だって、本当の年齢がわからないんだもの…。
推定10歳にしているけど、もしかしたら12.13歳の可能性もある。

チェルシーには長生きしてもらいたい。
だから、出来る範囲で出来る事をやってあげようと思う…。

抱っこが好きすぎて…。

チェルシーファンの皆さま!
お待たせしました!!
え!?待ってないって?…w

抱っこが好きすぎるチェルシー。
抱っこサイズではないのですが…f^_^;)
要求には出来るだけ応えてあげたい。

だから…。
抱っこも快く…。



とろんとろん……。



溶けちゃいそう…(*´艸`*)



ずり落ちるし私の足が痺れてくるので、長時間はムリ…(*/ω\*)
でも…短時間でも要求に応えてあげると、お互いの信頼関係が深まる…。
そんな気がします。

スキンシップ大事だな!
どんな薬よりも特効薬な感じがする…。

抱っこついでに、マッサージしたりレイキでエネルギー療法してみたり…。

チェルシーの心臓を強化できたなら…。
一石二鳥だな…( ̄▽ ̄)

#savethe21

遅ればせながら…。
我が家も賛同する為、ブログ、フェイスブック、インスタ…アップさせて頂きます!

2016年9月27日カナダ・モントリオール市でピットブル犬を新たに飼うことを禁止にする条例案が可決した。
また、これまで飼っていても、専門家が『危険』と判断した場合は安楽死させられるという。カナダの公共放送BBCなどが報じた。
条例は10月3日から施行された。
それにより、何の罪もないピットブル21頭が殺処分になるそうです。

条例がつくられたきっかけになったのは、6月にモントリオール市内に住む55歳の女性が、近くの家の囲いから抜け出してきたピットブルに襲われ死亡した事件だった。その数日後には市の郊外で女性がピットブルに襲われ、太ももを咬まれる事件も起きていた。

これらの事件を受け、同市長は『ピットブル、または市民にとって危険と思われる種類の犬を、新たに飼うことを禁止する市条例を制定する』と発表。条例制定に至った。


モントリオール市の市議会議院の過半数が賛成した条例は、ピットブルを含む3犬種の飼育禁止条例。
この条例により、保健所にいる数千匹の犬たちが強制的に殺処分されることが決定しました。
対象の犬種は、以下の3種
アメリカンピットブルテリア
アメリカンスタッフォードシャーテリア
スタッフォードシャーブルテリア


ヒトによって作出された闘犬アメリカンピットブルテリア。
それが危険だからと今度はヒトによって殺処分される…。

勝手すぎる!!

カナダ モントリオール市でピットブル殺処分反対!!

犬種による差別です!!

育て方を間違えなければいいだけ…。

飼おうとする人間側の問題だけ…。

犬は悪くありません…。

全ての責任は、ちゃんと躾られなかった飼い主にあります!!


ちばわん愛護センターレポートよりお借りしました。

この写真はチェルシーが愛護センターにいた時のもの。
我が家のチェルシーも殺処分寸前までいきました。

今では…。



こんなにも愛らしく、こんなにも素直な良い子に育ちました。

全てを犬のせいにしないでもらいたい。

みんな幸せになる為に生まれてきたのに…。

1日も早くカナダのピットブルたちが安心して暮らせますように…。

写真に#savethe21と付けてpostする事で反対運動の意思表示となるそうです。

もし賛同して頂ける方いらっしゃいましたら、拡散して頂けると嬉しいです。

プロフィール

じゅんじゅん

Author:じゅんじゅん
★アロマスペースNico認定
アニマルホリスティックケアセラピスト

★バッチ国際教育プログラム
レベル2 修了

★生活の木
ハンドメイドギルド手作り石けん
応用科 修了

★レイキヒーラー

★白豆柴:千路瑠(チロル)♂
2011年7月12日生まれ(5歳)
富士野荘出身
【性格】
 1.へタレなのに頑固
 2.甘えん坊
 3.あまのじゃく
(ツンデレともいう?)
*アレルギー体質改善に向けてストレスフリーな毎日を目指して頑張っています!

★スピッツ系MIX:チェルシー♂
推定10歳
(保護当時 推定5~8歳)
2014年8月5日千葉県愛護センターより引出し
保護団体ちばわん協力の下、我が家へ。
【性格】
 1.甘えん坊
 2.何事にもポジティブ
*フィラリア症感染後の疑いにて心臓が悪いです。それ以外は元気印の癒し系です。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

来てくれた人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3269位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1724位
アクセスランキングを見る>>

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる